浦城参拝

もう10年になります。

浦城ができたので

浦城に登ります。

毎年登ります。

必ず登ります。

秋田の戦国に義を貫き

雄々しく

戦国の朝露と消えた

三浦一族の御霊に

両の手を合わせます。

幾星霜を経て湧き上がる

伏流水で仕込んだのが

清酒「浦城」です。

1991年

一個30キロの石を10個。

まだ道無き道を

皆で背負って歩いて‘

やっとの思いで運び上げ組み立てた

浦城本丸址の石碑。

全てはここから始まりました。

草を刈り

木を切り

道を作り

山を整備してきました。

見晴台を立て

鐘撞堂を作り

舞台を作り

館を建て

山全体を整備してきました。

今では

一年を通して

山を訪れる人が

後を絶ちません。

浦城人気と相まって

清酒「浦城」もまた

最近は順調に売り上げを伸ばしています。

感謝に絶えません。

日が沈んできました。

急いで下山しましょう。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。




ミニミニ同級会

なべ駒ご指名です。

奥の部屋は満員御礼のようです。

お久しメンバーです。














食ってるな。というわけで一人飲みに突入。







というわけでごちそうさまでした。



12月蘭酒の会🍶

旬を呑んでみましょう🍶













呑み干したので

いつものところ。








夜のラーメンが効くようになってきたな🍜


たぶん、消し忘れたな💈

おやすみなさい💤


和食すがわら

拝んでから

こちらのお店。

初潜入は

生ビールで

八寸から。

すっぽんのお吸い物。

てっさ。

男鹿のだだみ。

鮑の肝焼きと魚はなんだったか。

何かのあんかけ。

皆瀬牛。

とろふわ熱々河豚の雑炊🐡

白いコーヒーゼリー。

イチジクのコンフィ。

お腹いっぱいです。


浦城ついに🍶

まさかの好天になりました。

朝一で福禄寿に行きました。

浦城のお手伝いです🍶

初めてのお仕事。

にごりを汲んで


運びます。

それを一本一本

詰めてもらいます。

本当にご苦労様です。

ラベルを貼ったら

世に出せます。

新酒浦城誕生です🍶



近藤真行公演in風香庭

ご案内いただきましたので歩いて参上です。

今回は「わらび座」座友の近藤真行氏の公演ということです。

皆さん集まっていました。

北嶋氏の挨拶で始まります。


近藤氏の公演は歌あり踊りあり演奏ありの独り舞台です。









何でもこなします。

ご苦労様でした。


懇親会に突入です。



























ご苦労様でした。中締めも終わり。

少しだけね。











ごちそうさまでした。

明日の雪掻きを覚悟しながら。

青い橋を渡り

到着した北宇の浦城も

まさかの綿帽子。